相談料無料

分割払い対応可

秘密厳守

土曜・夜間相談可

離婚相談

青森市古川2-20-6 AQUA古川2丁目ビル5F青森駅10分

お問い合わせ・ご相談

050-5556-5966

電話受付 月~金:9~22時/土日祝:9~20時

遺留分減殺請求

遺留分減殺請求とは?

遺留分減殺請求

遺留分とは民法で定められている兄弟姉妹以外の法定相続人が最低限相続できる遺産に対する取り分のことです。この遺留分があることによって、仮に遺言書によって遺産分割の方法が示されていても、最低限度の遺産の確保が保障されることになります。

実際の相続財産がこの遺留分よりも少ない場合には「遺留分減殺請求」の手続きを実施し、本来確保されるべき遺留分の返還を求めることができます。この遺留分は、被相続人(故人)の配偶者や子供、もしくは、父母(直系尊属といいます)のみに認められています。したがって、被相続人(故人)の兄弟姉妹は、いわゆる法定相続人ではありますが、この遺留分は認められていない点でご注意が必要です。


このようなときには、弁護士にご相談ください

遺留分減殺請求の通知が届いた

遺言書が法律家の関与なしに作成された場合等には、遺言書通りの遺産分割を実施しても「遺留分減殺請求」を受け取ることもあります。

私の相続分が少ないのではないかと感じた

例えば「私に分けられた遺産が少ない」とお感じのときには、この遺産が「遺留分」の割合よりも少ないかどうかが重要なポイントになります。遺留分が確保されていない場合、返還請求をすることができます。

遺留分の設定で話がまとまらない

実際に遺留分をめぐる調停や裁判は少なくありません。ご心配のときにはまず弁護士にご相談ください。


弁護士を活用することのメリット

対等なやりとりを実現します

反論を実施遺留分減殺請求が届いたというような場合には、その相手方のご親族(相続人)に弁護士がついていることが一般的です。一般の方が弁護士と法的な論争を対等に行うことは困難ですし遺留分について争いのあるときは、相続財産の範囲や内容に難しい問題が含まれることが少なくありません。

相手方に弁護士の存在がある以上、こちらも弁護士にご依頼されることではじめて対等で効果的な交渉や議論が実現されます。遺留分減殺請求が届いた際には、ぜひ当事務所にご相談ください。


重要で難しい問題だからこそ弁護士によるサポートを!

決着遺留分に関する問題は、一般の方がご自身で処理されるには難しく、相続財産についての重要な問題ですから、専門家のサポートが特に重要です。

当事務所には、相続の経験が豊富な弁護士が在籍しておりますので、迅速正確な調査とご依頼人様のご意向を踏まえた丁寧な交渉によってより良い解決をご提供できます。


弁護士だからこそ、問題をこじれさせずに解決できます

トラブルを回避遺留分減殺請求がなされる場面というは、請求する側にとっては、「このままでは私の取り分が減ってしまう」という問題であり、他方請求される側にとっては「手に入ると思っていた遺産が減ってしまう」という問題ですから、どうしても感情的になりやすい問題です。

そのような問題だからこそ、相続人ではない第三者である弁護士を介在させることが問題をこれ以上大きくさせないためにも重要となります。弁護士は法専門家として、遺留分の割合(相続財産と相続人)について調査し、法律に基づいた基準をご提案することによって、ご相続人の間に不必要ないさかいが生じることを防止できます。


相続でよくある問題

適切な遺言書を残したい

適切な遺言書を残したい

  • 私が残した財産で家族が争わないようにしたい
  • 自分の財産なので自分の思うように家族に分け与えたい

遺言の作成

相続をめぐる話し合いがまとまらない

話し合いに決着がつかない

  • 遺言書がないため、話し合いがまとまらない
  • 相続人それぞれが自分の都合ばかり主張し話がまとまらない

遺産分割協議

遺言に公平さが欠けている

遺言に公平さが欠けている

  • 遺言書の内容があまりにも不公平で納得できない
  • 遺言書に沿って遺産を相続したのに、遺留分減殺請求の通知が届いた

遺留分減殺請求

故人が残した借金について悩んでいる

遺族の借金について悩んでいる

  • 家族は借金も相続しなければいけないのか
  • 故人が生前に借りていた借金の支払いを督促された

相続放棄

予約・問い合わせフォーム